home 企業情報 製品情報 技術情報 環境への取り組み 採用情報 お問い合わせ

製品情報

 クロスウェーブ

製品情報

車輌部品

産業用品

お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム
ハト造巣防止マット、「ハトプロテクター」

最近、都市圏の建物に被害が続出しているハトのフン害は、建物の美観を損なうばかりか、人体にも悪影響を及ぼします。

特にフンは酸性が強く、腐食性があるため、悪臭や寄生虫の発生の原因にもなりかねません。

セキスイ「ハトプロテクター」は施工が簡単で、ハトを傷つけることなく、建物のフン害防止に役立ちます。

製品ラインナップ

I型

寸法(長辺×短辺×高さ):600 x 60 x 103
針山高さ:100 針本数:36本
材質:PP カラー:GY・G・BE
梱包:60 出荷:60(単位) 
※広範囲なスペースが必要な場合に最適です。2枚3枚と並べてお使いください。

II型

寸法(長辺×短辺×高さ):600 x 76 x 146
針山高さ:142 針本数:54本
材質:PP カラー:GY・G・BE
梱包:48 出荷:48(単位)
※底面の外側の部分の枠を取っているので、ハトがとまれません。

特長

  • 本品はプラスチック製で、鳥を傷つけることはありません。
  • 簡単に連結して広げられますので、広い面積でも自在に対応できます。
  • 切断などの加工が簡単にできますので、柱や突出部でも手軽に取り付けられます。
  • 薬品などと異なり、取り替える必要がなく長期的に使用できます。
  • 重量が軽く、高い所や施工が困難な場所もラクに対応できます。
こんな場所からの需要が増えています。

駅のホーム (写真左) : 多くの人が集まる駅は、迷惑フン害が最も多いところ。

高速道路・橋梁 (写真右) : 高架下はハトの巣になりやすく周辺環境へのフン害防止が重要。

その他の施工場所
●社寺・仏閣などの文化財。 ●衛生管理が必要なスーパー、商店。
●倉庫などの商品管理場所。 ●駐車場などの屋外施設。

専用止め具の種類と施工方法

専用止め具 止め具CⅠ型用
(着脱式)
止め具CⅡ-N型用
(着脱式)
クランプ Ⅰ型 · Ⅱ型共用
(固定式)
取り付け
状態
取り付け
場所
コンクリート、金属、各種ボードなど H型鋼、C型鋼など
取り付け
方法
  1. 上図のように、止め具CのU溝を本体連結部のない針に合わせます。
  2. 止め具Cを本体に はめ込みます。
    (この際、本体と止め具に余裕を持たせてください。)
  3. 止め具裏面に接着剤を塗布し、取り付け場所に接着します。
    (釘打ちの場合、釘打ち用穴に釘を打ち込んでください。)
上図のように、中央穴に本体内側の針を通し、クランプを締めて固定します。

取り付け方法と取り付け上の注意

●本体はハトが飛来してくる側に並べます。

本体の向きは、本体連結部がハトの飛来する側にこないようにしてください。本体はハトが飛来する場所側の端いっぱいにつけてください。

奥行きが広いときは2列、3列と取り付けても構いません。その時の列間隔は約10mmにしてください。

●本体は熱膨張しますので、並べる時は間隔をあけてください。

本体を並べ始める時は、建物より2〜3mm離して取り付け、本体間は4〜7mmの間隔をとってください。

2枚連結して本体を使用する時は、次の2枚連結との間に約10mmの間隔をとってください。

施工上の注意

  1. 昼によくハトが止まる場所と夜のねぐらにしている場所を確認してください。
  2. 鳥のフンが落ちている箇所を調べ、その上の部分(屋根など)に設置するようにしてください。
  3. 施工場所のフン・ゴミ・ホコリなどをきれいに掃除してください。
  4. 各種止め具と本体とに余裕(アソビ)が保てるように固定してください。
  5. 接着の際、止め具接着面に油、手アカなどがつかないよう気をつけてください。
  6. 上記事項を配慮の上、施工場所に適した止め具を選んで固定してください。