home 企業情報 製品情報 技術情報 環境への取り組み 採用情報 お問い合わせ
製品情報

基礎構造

基礎工において重要なことは、仕上げ面の精度確保と十分な地耐力の確保です。
掘削時に設計条件と異なる地盤が発現した場合には、地盤改良や基礎の変更などの対策を検討してください。

基礎構造の一例

1)貯水型

貯水型の基礎工は砕石150mmを標準とします。
砂は基礎工とクロスウェーブにはさまれる遮水シートに、砕石の突起が影響しないようにするために用います。

2)浸透型

浸透型の基礎工は砕石150mmを標準とします。
砂は砕石中に土が浸入することを防ぐために用います。地盤が砂または砂礫層の場合は省くことができます。

参考) 最下部U字溝

注意事項

クロスウェーブを安全に施工していただくために

ここに示した注意事項は安全に関する重要な内容ですので、必ず守ってください。

禁止事項

事故や施設の損傷に結びつく可能性がありますので、次の事項を禁止します。

  • 破損品の使用
    破損した製品は絶対に使用しないでください。
  • 火気使用
    製品は、可燃物ですので保管・施工時ともに、火気厳禁としてください。
  • 製品の後加工
    製品の後加工(穴明け・切断等)は、強度の低下を招きますのでおやめください。
  • 法令違反
    施工にあたっては、関連法規・条例等を遵守してください。
  • 適用外の使用
    製品毎の適用範囲内の荷重条件を遵守して、使用してください。
  • クレーン作業
    貯留槽上部でのクレーン作業やシートパイル引き抜き作業は、しないでください。
  • 荒天時の施工
    降雨・降雪時のシート施工は、しないでください。
  • 高温水の流入
    高温水の流入は、変形や強度の低下を招きます。
注意事項

安全に施工して頂くため下記事項に十分注意してください。

  • 製品の取扱
    破損の原因となりますので製品を放り投げないでください。
  • 製品の保管
    製品を長期間保管する場合は、直射日光を避けるためシートを被せてください。
  • シート工
    シートの接合不良による漏水などが生じないよう専門家により施工してください。
  • 施工時
    組立作業中に製品上面に乗る際は、足元に注意してください。
  • 埋戻し工
    貯留槽の組立て完了後できるだけ早く、埋戻しをしてください。また、外周部の埋戻しは、偏荷重とならないように四辺均等に埋戻してください。
クロスウェーブの資料・カタログダウンロード・お問い合わせはこちらから
cross wave for english / クロスウェーブの英語版はこちらから