home 企業情報 製品情報 技術情報 環境への取り組み 採用情報 お問い合わせ
製品情報

貯水槽内の維持メンテナンスについて

1 貯水槽構造

流入部で沈砂マスなどを設置し、流入する土砂を分離してクロスウェーブ貯水槽内に流入させることが基本的な考え方です。メンテナンス方法としては、沈砂マス内の沈殿物を除去します。
場合によっては、クロスウェーブ貯水槽の底部にU字型溝等を設置し、そのU字溝内をジェット洗浄するような方法をとることも可能です。
貯水槽の設置状況に応じて、適切なメンテナンス方法をご提案します。

流入と流出マスを一体にした例

流入マスと流出マスが別位置の例

流入と流出マスを一体にした例

 

2 点検孔

クロスウェーブ貯水槽の数箇所に点検孔を設置し、貯水槽内を点検可能です。
また、逆ジェットノズルにより、貯水槽内部の堆積物を手前にかき出し清掃することも可能です。

点検孔

クロスウェーブ内部

逆ジェット洗浄ノズル

ジェット洗浄実験

クロスウェーブの資料・カタログダウンロード・お問い合わせはこちらから
cross wave for english / クロスウェーブの英語版はこちらから